弁護士さんにご相談はお済みですか?

お悩みや問題が生じた時、その正当な立場を主張する手段として、確かに調査は有効です。でも、探偵は法律の専門家ではありません。法律の専門家でもないのに、調査依頼の契約を取るために、もし我々探偵が法律論を語ったらどういう事になるでしょうか?

一歩間違えば、一生にかかる問題に発展してしまうかも知れません。例えば、浮気調査でその証拠(ホテルの出入り等)を複数回押さえ方が良い等と言ったとします。しかし、その根拠はどこからくるのでしょう。

不貞行為は違法行為です。強盗を行った人が、一回だと言い逃れができるのでしょうか?そんな事はありません。不貞行為も回数に関係なく、また自然の成り行きや気の迷いであったとしても違法性に変わりはありません。

複数回、証拠が必要か否かは、法律の専門家が判断するものです。探偵が判断する事ではありません。複数回の調査を行なって、得をするのは探偵だけです。もしも、このような事を言う探偵に出会ったら、不幸なのはご依頼者です。

一番良いのは、まず弁護士に相談して、調査が必要か否かを判断して頂く事が重要です。調査結果に関わらず、後に離婚は全く考えておらず、養育費や慰謝料という事は問題がないという方は弁護士は必要ないでしょう。そういう方以外の方は、やはり法律の専門家と今後の事を相談し、そのための手段とするならば調査は大変有効なものとなるでしょう。